主人からもらったプラチナ製のピアス

できればイヤリングよりもピアスの方を使いたいと思うのですが、最近はどちらもあまり身に着けることが無くなりました。
あらたまった所に出ることが無くなったことも理由ですし、お洒落にあまり時間をかけられなくなったということもあります。
もちろん、赤ちゃんのお世話をしているわけではありませんから、身に着けても全然問題無いのですが、何となく引出しの奥にしまいきったままになっているのです。
結婚する前、主人からピアスを買ってもらったことがありました。
私が金属アレルギーで、それを考えて選ばないといけないんだと不意に漏らした言葉をちゃんと覚えていて、買ってくれたのは高価なプラチナ製のものでした。
変っているのかもしれませんが、物をもらうことが苦手に感じるのでその時もとても戸惑いました。
私が堅苦しいのかもしれませんが、結婚した者同士ならまだしも、この先どうなるか分からないと言うのに、高いものを頂くことに抵抗があったのです。
そして、これが最初で最後のプレゼントにして下さいと、これまたおかしな約束もしたのです。
結局結婚して、その時もらったピアスは大事に保管。
この時のことを、時々酒の肴に話すことがあり、やはり変わった人だなと思ったと言われます。
結婚してから、またプラチナ製のピアスを一度買ってもらったことがありました。
でも、すぐに妊娠出産したので、ほとんど使わずにやはりしまってあります。
デザインもステキなので、子供が大きくなったらそのまま譲ろうかなと実は思っているのです。
その日もきっとすぐでしょう。

«
»