女の子が生まれてすぐにピアスを開けるアメリカの習慣

私は国際結婚をしているので、アメリカに甥っ子や姪っ子がいます。

とくに姪っ子が生まれたときに驚いたことは、生まれてすぐにピアスを開けることです。
小さな耳たぶにキラキラと輝くゴールドのピアス。
なんとなく違和感はあるけれど、その穢れのない輝きに憧れたりもしました。

自分に娘が生まれたときに主人にピアスを開けるのか聞いたのですが、自分で開けたいと思うまで開けなくていいということでした。

今、小学生になった娘は大人になってもピアスは開けたくないと話しているけれど、もうちょっと成長したらまた考えが変わるんだろうなぁって思っています。

でも、人のプレゼントでピアスを見たりするのはとっても好きで、もう高校生になった姪っ子へのプレゼントのピアスを選ぶのも一緒に真剣に選んでくれます。
姪っ子の好きなファッションもチェックしているから、きっとこんなのが好きだと思うよっていう的確なアドバイスもくれます。

ピアスは楽しい

やっぱり女の子は、いっしょにショッピングしたりできるのが楽しいです。

もう少し大きくなったら、お友達とショッピングが楽しくなるのだと思いますが、今のうちに娘とのショッピングを楽しんでおきたいと思います。

そして、さらに大きくなったらお気に入りの洋服をシェアできるかもしれませんね。

アクセサリーは年齢を問わずに使えるものも多いので、いっしょに使えたらいいなぁって思っています。

実際に私自身もアクセサリーは母のものを借りたりしているので、きっと一緒にたのしめるようになりそうです。

チタンピアスが安い
人気ランキングで上位のダイヤのピアスは1万円を切る安さ。付けっぱなしで寝る人にも楽しいピアス生活。
www.nadeshiko-st.com/

«
»